銀座エージェント・銀座の売掛金問題中間報告書 誰に相談すれば解決するの?

安心できない銀座高級クラブでも実際にあった上級ホステス達の売掛金トラブル事情

売上を求める上級ホステスにとって売掛は1つ悩みの種。
景気が大きく左右される銀座においてイザ何かあったときにしっかりとお客様に期日までに支払ってもらえるだろうか・・・不安要素も多々あります。
リスクを取り成功を掴み取る。こういった名言に踊らされ被害を被らないようしっかりとした人材観察眼を養い売掛を承諾して良い相手かどうかを見極めなければなりません。


世界的に景気が良くなったと感じているサラリーマンもいれば全く景気の良さを感じられないというサラリーマンもいます。さあ実際日本の景気はいったいどうなっているのでしょうか?現実は決して好景気とは言えません。

しかし景気の良い会社も日本全体の数パーセント存在しています。

 

こういった景気の良い会社に勤めているお客様から「これからの飲食代を売掛扱いにしたい」と言われたら貴女ならどうするでしょうか?
長い人間関係が既に出来上がって信用できるのなら貴女は迷わず売掛を承諾するかもしれません。

Q1 売掛金とはなんですか?

 

売掛金とは、帳簿上では売上金となっているものの未集金とされた扱いとされたもので通常1ヶ月毎~2ヶ月毎に請求し、それに対して相手先(お客様・勤め先会社)が支払いをする仕組みです。売掛金が発生した時点で貴女が売上債権者となりお客様は債務者となります。
ナイトワーク業界では債権者がお店となり実際は貴女が債務者となります。
なぜならお客様が支払わない場合貴女がお店に支払うものだからです。

 

ホステスがお金を貸す側となりお客様は借りる側となります。
しかしお店に正式に支払うのは担当ホステスとなります。
この際お店は関与するものの一切の責任は貴女が負うことになるからです。
従ってお客様が売掛金を支払わなければ貴女のお給料から相殺されることとなります。
貴女が何らかの事情により売上を上げなければ成績を維持できないというのなら売掛によって売上という成績(現金は入っていないが当日の売上として計算される)をつくることができるでしょう。
しかししっかりと信用できるお客様からの売掛を承諾しなければ後で大きなしっぺ返しをくらうこととなるでしょう。

Q2 売掛を承諾したことでお客様の来店回数は増えましたか?

 


来店回数が増えた 68%
来店回数は変わらない 17%
来店回数が減った 6%
わからない 9%

 

売掛を承諾することでお客様の来店回数が増え自身の成績が向上する傾向のようです。しかし溜まりに溜まった売掛金が期日までに支払わなければ貴女の給料はひとたまりもないばかりか逆にそれ以上に貴女がお店にお金を支払わなければならない場合もあるのです。


それまでやる気に満ち溢れ成績が右肩上がりのホステスさんがある日を境にやる気を失い違った意味でホステスを卒業しました。
では何が原因だったのか。

Q3 売掛で失敗した主な原因はなんですか?

 

お客様の素性がよくわからないのに承諾してしまった。 48%
・名刺さえも貰っていなかった
・ルックスだけで判断してしまった
・人間関係が浅かった

・連絡先もよくわかっていなかった


会社がしっかりしているか調査もなしに承諾してしまった 21%

・会社の業績がわからなかった

・会社の所在地がわからなかった

・会社の連絡先がわからなかった
・会社が実在するのかを確かめていなかった
・会社に在籍しているか確認していなかった

 

お友達の紹介なので安心しきっていたため承諾してしまった 12%

・良いお客様だと聞かされていた

・羽振りの良いお客様だと聞かされていた

・銀座中のクラブ業界では定評のある方だと聞かされていた

 

有名人だったので承諾してしまった 7%
・有名なスポーツ選手だった
・有名な芸能人だった

・有名な著名人だった
・銀座では有名な起業人だった

 

根拠もなく承諾してしまった 12%

・財布の中にいつも帯び付きの万券(死語)が入っていたので問題ないと思っていた
・「今日たまたま持ち合わせがなくて」の言葉を信用してしまった
・紳士的な方だったので大丈夫だと思っていた

・私のことを好きなので全く問題ないと思っていた
・有名な高級時計を身につけていたので安心してしまった

・売掛を承諾しなければ指名替えされると思いやむを得ず承諾した

 

売掛で失敗した主な原因をリサーチした中でほぼ共通した点は明白です。それはしっかりとした情報を収集せずに簡単に承諾してしまったという点です。売掛は貴女の自己責任扱いとされ回収するのには困難を極めます。確かな情報を元に正確な判断をし貴女の銀座ライフを楽しんでいただければと思います。

 

Q4 売掛を承諾したことでどんなメリットがありましたか?

 

定期的に来店を見込めるようになり安定した成績を確保できるようになった

 

お客様が会社ぐるみで来店されるようになり来客の幅が大きく広がった

 

お客様と私の二人三脚の絆のようなものが出来上がり仕事に深みが生まれた

 

お客様の会社の経理と仲良くなって情報交換できるようになった

 

お客様の社長秘書とお友達になり何かと私のことを応援してくれるようになった

 

身内のような存在になれたこと

 

お互い信用し合える関係になれた

 

※その他掲載できないこと多数

 

 

決してデメリットばかりではない売掛。

多くのメリットがあるようです。

 

しかしメリットを享受するためにも貴女がまず最初にしなければならないことは情報収集です。見た目だけで判断してしまってはトラブルになる場合もあるということを知る必要があるでしょう。

売掛の知識は貸し借りの知識です。それは貴女を強く守ることに繋がります。

もし銀座高級クラブに来店しているお客様だとしても売掛が新規スタートであれば安易にOKしてはならないことも

まず想像してみてください。

貴女がお財布からお金を出して10万円をお客様に貸す姿を。
笑顔で何も考えもせずに貸すことは出来ますか?

「返済日は?」

「本当に返してくれるの?」

「どうしよぅ・・・この10万円を貸したらちょっときついな・・・」

「この人に貸して本当に大丈夫?」
と、内心警戒し穏やかではいられないのではないでしょうか?

それなのになぜ売掛の場合は警戒心を作動させず安易に承諾させてしまうのでしょうか。それはさまざまな安心と思えるような背景があるからです。 

 

・銀座だから特に問題ないよね・・・
・お店の社長やスタッフが証人なのだから大丈夫だよね・・・

・とりあえず今私の財布からお金がなくならないし・・・

・売掛は貸借じゃないから平気よね・・・
・イザとなればお店がなんとかしてくれるよね・・・
・経済的に豊かなお客様がまさか不履行なんてことはないよね・・・
・お店の人たちからも評判の良いお客様だし・・・

・みんな連絡先を知っているし・・・

・私とはマメに連絡をしているし・・・

・売掛の支払いサイドが1~2ヶ月毎だから余裕だし・・・

 

こういった背景が売掛の承諾に対する判断を曇らせてしまいます。
そしてよくありがちな失敗例が

 

お酒も入っているお店終了間際でのお会計時になって突然売掛の話になり周囲の目もありなんとなく気まずい雰囲気が漂うのが嫌で承諾してしまった。

 

上記のこういうきっかけが売掛をスタートすることにつながる例もあります。

 

売掛のトラブルには大きく分けると以下になります。

・会社の業績悪化に伴い支払いが遅れる
・倒産により支払いそのものが消滅する

・故意で確信的な犯行

・色恋のもつれが原因で支払いが遅れるまたは消滅する

 

上記のこういったことを未然に防ぐためにも成績を上げたくても闇雲にムリに売掛をしないのが一番です。特に突発性の売掛のお願いには絶対に耳を貸さないでください。
こういった場合は必ず、

「君は係りなんだから売掛は当然だよ」

「今回だけだから安心してください」
「明日にでもすぐ入金できます」

「僕を信用できませんか」
「名刺をおいていきますので」
など迫ってくる場合が多いと聞きます。
誠実な方が急に売掛をお願いしてくることはほとんどあり得ません。
もちろん全ての方が不誠実だと言うわけではありませんが不安を抱えて仕事をするのではなく健全な仕事をしていただくためにも無知な自己判断は危険です。

銀座エージェントは売掛のトラブル、売掛の承諾について700件以上のご相談実績がございます。

油断はNG!私は絶対大丈夫!と思っていませんか?

一度売掛の飲食代金が支払われると
無銭飲食で訴えることはほぼ不可能になります。
要は刑事事件に発展させることはほぼ不可能となります。

 

そういった状況以前の問題でほとんどの売掛のトラブルは相手先の居場所がわからなくなってしまったり連絡先にかけてもつながらなくなってしまうとのことだそうです。
大手企業の場合はこういったトラブルはほとんど報告にあがってきてはいません。
ほとんどの売掛トラブルは良く知らない起業がほとんどだそうです。

そこでそういった場合の判断方法として下記に記された項目をご覧ください。

所在地

どこに住んでいるのか自宅の住所を把握された方が良い。

※ただし聞きにくいのであれば会社住所を信頼する必要がある。 

電話番号  電話番号はほぼアテにならない場合が多いと聞いています。
都合が悪くなると電話に出なかったり無視をすることが容易であることから。
名刺 会社のWEBサイトをしっかりと電話で確認したり本人が在籍をしているのかも確認。ランチと称して訪問もアリだと思います。
出社しているのかをしっかり確認。
 
来店実績 過去現金やカードで支払っていたのが売掛扱いに変更する場合はほぼ要注意。
※ただし係りの引継ぎやお店での売掛支払い実績がある場合は特に問題はないと思われる。 

日頃からその対象のお客様との信頼関係の度合いは見定めておく必要があります。

一般的には売掛は契約書(賃借契約書)を交わすことはありません。
お店とお客様との信用等もありますが実際は信用貸しと同等です。

相手を単に信用して貸すことと同様です。
10万円、20万円ならまだ良いかもしれません。


しかし100万円、200万円ともなると事情は違ってくるのではないでしょうか。
イザ、トラブルが起こっても自己責任扱いとなり回収不能となれば担当ホステスが期日迄にお店に支払わなければなりません。売掛はしっかりとした情報が入手できなければ承諾しないことがリスクを回避する唯一の方法です。

 

 

※もちろんどんなに安心できると判断し承諾しても倒産や死亡により消滅する場合もありますが。


当然、承諾しなければ貴女からそのお客様が離れてしまうようであれば所詮そのようなお客様であったと潔い判断を下すことも大切です。

お客の売掛の支払いがルーズになったときの対処法

銀座エージェントではさまざまな売掛事情の解決方法をご提案致します。

 

もう既に解決が難しい場合もありますが被害を最小限に抑えるという考え方も必要です。