出勤調整の対処法

銀座にある高級クラブの出勤調整とは

出勤調整(しゅっきんちょうせい)とは平日夕刻に店舗スタッフが出勤確認の電話等でその出勤調整対象ホステスに来客予定を確認し予定がなければ出勤を控えてもらうというもの。(店舗によってはホステス全員に確認するとの報告も)こうした出勤調整は主に経済に影響が出やすい2月3月8月9月に決行されることが多く場合によっては年間を通して行われる店舗もあります。

 


出勤調整の対象に選ばれたホステスは当然月間のお給料の額が少なくなってしまうことになります。そうなるとホステスにとって内心穏やかではなくなることでしょう。
主な出勤調整対象者は以下の理由の可能性があります。

出勤調整される優先対象者 説明
同伴成績が芳しくないと判断された可能性がある女性 同伴ができなかったり、本人は全力で頑張っているのだが月間に1回や2回程度の成績しかあげることができず店の売上に貢献できていないと判断されたホステス。
営業内容に問題があると判断された可能性がある女性 お客様からの反応がなく手ごたえが感じられないホステス。いわゆるお客様や売上者にもモテないと判断されたホステス。
欠勤しがちだと判断された可能性のある女性 決められたシフトどうりに出勤ができなかったり遅刻しがちなホステス。
店への貢献度が低いと判断された可能性のある女性 店舗側が求める働きっぷりができていないホステス。
日給の額が見合っていないと判断された可能性のある女性

お客様からの可愛がられなかったりお店の求める景色になっていないと判断されたホステス。
または入店当初に告知した来客数に見合わないホステス。


※主に入店当初にありがちな出勤調整です。

高額のお給料で入店しても出勤調整をされればお給料は少なくなります。

銀座高級クラブなどの出勤調整を回避するには

出勤調整の対象となったホステスさんは内心穏やかではありません。なにせ当日の稼ぎがなくなり月間で予定としていた額面が目減りしてしまうばかりか強烈なプレッシャーと危機感を抱くホステスさんも少なくはありません。仕事に対する全体的なやる気自体を失ってしまう方も・・・。


どうしてこのような出勤調整が行われるのでしょうか?

その理由の1つに入店当初の高額な日給設定があげられます。


実はお店の利益に貢献できる可能性が低いのに高い日給で入店するのです。
例えば貴女がどんなに自身のルックス面を誇っても成績をあげられなければお店側に「見掛け倒しだった」と判断されることになるでしょう。


お店で成績をあげるのにはしっかりとした営業の賜物があります。
美しいルックスはお店にとって必要です。しかし成績があげられなければそのルックスは偽モノだったと判断されてしまいます。


そうなると当然出勤調整対象者となる可能性が高くなります。

出勤調整をあげるには成績を向上させるしかありません。


しっかりと成績をあげているのに出勤調整をする店舗もあるようです。それらの店舗は悪質なブラック店舗とよばれるものです。これらの店舗へは決して近づいてはなりません。

銀座エージェントではご相談に来られる女性に入念なヒアリングと会話の実力を含めた営業ポテンシャルを細かく分析したうえで貴女にとって最適な店舗を選定しそもそも最初から出勤調整対象者にならないよう予防致します。

出勤調整の理由は貴女なのか・・・それともお店にあるのか

自分が働いているお店で出勤調整をされたら

出勤調整がおこなわれるとネガティブに反応をしがちですが実はこれまでの統計からすると決してネガティブなものばかりではありません。

 

ポジティブに捉える要素もあるのです。それは出勤調整は店舗側の貴女に対する教育の一環の場合もあるということです。

 

昨今の日本経済が実は厳しいという現実を教える上で実際に体験してもらう・・・甘いばかりでは生き残れないという現実を知ることでさらに真剣に取り組む必要があるのだと理解してほしい。そんな思いも含まれているかもしれません。組織の中に所属するということは貴女本人1人の力で運営されるわけではありません。1人1人の協力的な経済活動で成り立っていることを知る機会かもしれません。

 

また悔しさをバネにできるといった考え方もあるのではないでしょうか。出勤調整をされてヘラヘラしていたり何も感じることが出来ないのであればそもそも高級店へは勤めない方が良いかもしれません。


とはいえ貴女が出勤調整対象者になることはお奨め致しません。
出勤調整がなくのびのびと働ける環境を提案することも銀座エージェントの役目です。

出勤調整の相談件数は毎年増え続けています
自社独自調査にて※2018年は減少しました
自社独自調査にて※2018年は減少しました

出勤調整の相談件数は毎年増え続けています

出勤調整に関する相談件数は2007年からのカウントになりますが確実に増加しています。リーマンショックや震災の影響もありました。営業力のない高額保証をうたう店舗は軒並み閉店に追いやられたことにも要因はありました。店舗側は営業力の高い女性の獲得に躍起になっています。また高額保証に飛びつく女性も増加しています。

 

この高額保証はあくまでも入店数を増やすためのものである傾向が非常に高くその女性本来の実力以上の給料の場合も珍しくありません。当然実力がないと判断されれば出勤調整、早上げ、あげく解雇となる場合もあるようです。


結局のところ年間を通じてお店探しに明け暮れている女性の方も少なくはありません。お店で働くことを優先とするのか、お店を探すことを優先としているのかをわからなくなってしまっている女性の方も少なくないでしょう。
今この時代だからこそ安心して働いてゆける店舗の存在が求められています。

実は酷すぎる出勤調整の可能性も・・・

あからさまに出勤調整をかけて働いている女性のやる気を削ぎ落としてしまうような店舗の報告も寄せられています。

 

店舗は日々の売上を求めており利益を必要としています。利益がなければ働いている女性へお給料をきちんと出せないかもしれません。そうならないように店舗は日々の人件費には慎重です。
これを悪質な出勤調整と言えるでしょうか?それとも仕方ないと言うでしょうか?

 

しかしそもそもお店の経営が悪化しているにもかかわらず高額の日給で女性を入店させているのなら大きな問題かもしれません。
働く女性にも計画があり確実なお給料が予定を立てるのに必要です。


とはいえ働いている姿勢を見てみないとわからないといった店舗の言い分もあることでしょう。貴女が現在どういった状況にあるのか。
入念にヒアリングをして貴女の方向性に対する確実なアドバイスを差し上げたいと考えています。