銀座会員制高級クラブのピアノを演奏する女性の画像

ゆとり時代の銀座の会員制高級クラブで働かれる女性へ伝えたいこと

なにごとも、順序と段階というものがあります。

わたしたちは、何度も見てきました。

 

猪突猛進で怖いもの知らずで、いかにパワフルな女性でも、打たれ弱い側面もあることを。

人にはバイオリズムというものがあって、調子の良いときは、女王のように強気でありながら、調子のわるいときは内心ションボリ、でも悟られまいと強がってみる。

 

しかしそのうち耐久力が切れてしまえば、とたんに疲れ果ててしまう。

 

バランスよく、何事にも段階があって、基本と基礎をしっかりと覚えてくれないと、本当に小さなことで、凡ミスをしてしまったり、そんなことも知らないの?と思われてしまったり、恥ずかしいことも。

 

でも、人ってプライドの生き物ですから、プライドを傷つけられると、ガムシャラに反抗したくなるし、実は驚くほど性格が良いのに、心の中ではギスギスしてしまったり・・・。

 

イライラで美人さんが台無しになってしまったり。

 

体力面も、まだまだ頑張れるといって、毎日アフターに行って、同伴して、みんなに褒められても、実はへとへとに疲れ果ててしまい、気持ちに余裕がなかったり。

ママやみんなに可愛がってもらって、ここまでやってこれたのに、このまま続けてたら、もうダメかもと、一人で悩んでみたりして、自己嫌悪の連続で心が押しつぶれそうになったり。

 

すごく、すごく才能と魅力溢れる女性でも、突っ走ってばかりじゃ壊れます。

 

貴女ならやれる。

貴女すごいわよ。

貴女才能あるわよ。

貴女、たいしたものだわ。

 

こんな言葉をいただいているうちに、引き返せなくて、サボった自分をみせれなくて、あげく燃料切れ。

 

こんなふうに、素質がある女性が銀座を一時休憩したのを見ました。


休憩が一時的ではなかったりもしました。

 

 

何を言いたいのかというと、

徐々にが一番良いということ。

 

 

才能、魅力のある女性でも、ムリばっかりさせちゃう環境は最高のお店でも、やっぱり最高じゃないな。と思います。

 

金の卵を、外から叩いて、成長を急かすような環境が最高だと思えないのです。

 

だから段階が必要なのです。

 

幼稚園で人になれて

小学生で協調性を学んで

中学生で競争がある現実を知って

高校生で遊びを覚えて

大学生で適度にサボり方を会得して

社会人で適度なバランスで仕事をこなしてゆく。

 

銀座の会員制高級クラブにもこういうのと似ているがあるのです。

 

だから、私たちのような、案内人が居ます。

 

私たち、銀座エージェントはこういうことも念頭にいれて、必要とあらば、アドバイスをしています。