未経験から銀座会員制高級クラブで働く!銀座講座 適正編

貴女が銀座高級クラブで働くことに、もしも興味を持っていたり、これからスタートする予定なら、この基礎講座となるものを贈ります。

ときに辛口、ときには優しく貴女の今後の参考となれば幸いです。

【銀座 高級クラブ 大学講座・適正編】これから銀座の高級クラブでアルバイト・働きたい貴女に

銀座の夜のお仕事・会員制の高級クラブで働きたい!
なぜならお給料は良いし、成功者に会えるし、華やかだし!

 

 

 

貴女が、

私が銀座できちんと働けるのだろうか?


もしくは、

私の性格で夜のお仕事を働くことはできるのだろうか?

 

こういったことを考える前に、貴女が夜のお仕事に向いているかどうかを、事前に知ることで、無駄な時間を使わなくて済むかもしれません。


そもそも貴女は、銀座の夜のお仕事に向いていない場合もあります。


たしかに何事もやってみないとわからない!

 

しかし銀座の夜のお仕事で活躍できたり、上手な人間関係を構築する女性には、ある特徴や、特有の適性があります。

過去の質問1 私はどんな仕事が向いていますか?

自分自身がどんな仕事が向いているのかを、わからない女性の方は少なくありません。

 

共通して言えることは、誰もが正しい選択をし正しい方向性を見定めたいということです。

 

この質問にお答えする前に理解していただきたいのは、最終的な決断は貴女自身がおこなうということです。

 

実は人はほとんどどんな仕事でも活躍できる可能性があります。

 

もちろん身体的な理由や、育った環境や、知識によっては、不可能な職種もあります。

 

しかし多くの成功者に共通している特徴は、途中で投げ出さずに、めんどくさがらなかったという点があげられます。

 

いわば夢中になれた状況を維持できたことで向上できたのです。

 

貴女がどんなことに興味があり、そして何を目指したいのか。

 

その為の手段に「ある職業」であったなら、その手段に使える職業とはいったいなんなのかを冷静になって考えるべきです。

 

とりあえず夜のお仕事をやってみようかなと・・・自分の方向性を確かめる為にやってみることがわるいわけではありません。

 

しかしいきあたりばったりで、向いてたらやろう、向いてなければやらない。

 

といった発想では、一つのことに貫いた考え方は出来ないのではないかと思います。

 

なぜなら向上すればするほど「私は向いてないのかな?」と感じることもあるからです。

 

そう感じたときに、いちいち投げ出していれば、いつも新しいことをしていなければなりません。

 

積み重ねなければ、発展しないものもたくさんあるのですから。

向き不向きの理論

銀座の夜のお仕事が未経験の女性でも、活躍する女性と、活躍しない女性の2つにわかれます。

 

この差はなんでしょう・・・。

女性はルックスによる第一印象が非常に重要であることは、当然であっても、最終的には、個性を中心とされる性格や、感性が決定的になることがわかっています。

もの怖じしない女性の特徴

失敗にめげない
行動力がある
チャレンジ精神
バイタリティがある
恐怖を感じなくある意味鈍感
臆しない
動じない
非常に落ち着いている
動揺しない
ブレない
コロコロ考え方を変えない
冷静
明るい(ポジティブ)
日々安定感がある
平然
躊躇しない
社交的

 

 

もの怖じする女性の特徴

失敗にすぐめげる 
行動力がない
失敗を恐れチャレンジしない
バイタリティがない
初めて会う人や同僚の先輩や成績の良い人などに恐怖を感じ神経質となる
臆する
些細なことに動じる
落ち着きがなく挙動不審
動揺しやすい
すぐ考えがブレ、軸がしっかりとしない
コロコロ考え方を変えるので約束を守れない
悪い想像ばかりしやすい(ネガティブ)
日々不安定
愕然としやすい
躊躇し行動しない
失敗を恐れ行動できないので結局何前進しない
非社交的

 


未経験者が銀座の夜のお仕事や、銀座の会員制高級クラブで働く際に、つまずいてやる気をなくす女性の方もおられます。

 

一方つまずいたことでもっと勉強しよう!

負けたくない!

 

と奮起しさらにやる気を呼び起こす女性もおられます。

 

初めて働く環境では、1から学ぶ姿勢がとても重要になってきます。

 

この姿勢を周囲が認識し、貴女が協力を得られる可能性が多くなることも勝因になるはずです。

過去の質問2 私はナイトワークに向いていますか?

はい。
向いている場合もありますし、向いていない場合もあります。

 

まず夜のお仕事という名称の意味を理解することから始めましょう。


夜のお仕事は読んで字のごとく夜の仕事だということです。

 

もし貴女が21:00すぎに眠くなるようなら、夜のお仕事は絶対お奨めできません。

 

いわゆる夜のお仕事というのは、夜の時間帯に収入を作る活動を、おこなうといったものです。

 

通常子供が眠りにつく時間帯から、スタートするお仕事です。

 

では夜のお仕事(ナイトワーク)の基本的な仕事とは、何かというと、主にお酒を飲み、会話をする仕事だということです。

 

別な観点ですと、酒造メーカーを支えるお仕事ともいえます。

 

ではその根幹とは何かというと、コミュニケーションのお仕事だということです。

 

主に異性であるお客様からの人気を獲得し、自分の評判を高め、周囲からの評価を向上させるお仕事です。

 

高い人気はそのまま収入に直結し、その努力は貴女の魅力を向上させることにつながることとなるはずです。

 

質のよいコミュニケーションは、異性であるお客様の心を掌握することになり、貴女へ協力と応援をしてくれるようになります。

 

これらの向上したいという意欲は、競争効果を促し、最終的にはお店の利益と繋がります。

 

競争心の強い女性が多く集まる店舗(銀座の会員制高級クラブ)などは、ブランド性の高級店へと発展することになります。

 

貴女がこういったことに興味を持ったならば、夜のお仕事が向いている場合もありますし、周囲からの判断により、貴女のルックスがそれに見合ったものであれば、やはりルックスを活かせる夜のお仕事等を奨められる場合もあるでしょう。

楽しい!楽しそう!も立派な理由の1つ

現時点で私どもがわかっていることは、辛い仕事をしている女性は、どことなく苦しい表情を、日々積もらせ、魅力から程遠い表情に近づいてしまう。

 

といったものです。

 

もちろん人にはさまざまな事情があり、余儀なく、したくもないお仕事をしている場合もあるものです。

 

しかしどうせ働くのなら、苦しい表情をすることをあきらめて、その仕事の楽しみを見つけ、楽しみ方を知り、楽しみながら働くことをお奨めします。

 

「どうやったら楽しみを見出せるのだろう?」

 

こういった疑問を持ち、それに対して答えを探してゆくことは、夜のお仕事にに限らず、どんな職業にも共通していえることです。

 

貴女の楽しい!

が貴女を強く前進させるはずです。

過去の質問3 銀座に憧れているのですが私にも働けますか?

はい。働けます!
と断言してあげたいですが、現実はそれほど甘くはありません。

 

何かに憧れを抱くことで、貴女自身の方向性を知る手がかりとなるのはとても有意義なことです。

 

銀座で働くことに憧れを持つことで、力が沸々と沸き起こってくるのであれば、それは貴女にとってプラスなことです。


しかし、憧れを抱くことは良い部分しか見ようとしていない場合があります。

 

物事は一長一短。

 

貴女が嫌だなと思う部分も当然あるのです。

 

こういった考え方を認識するには、先ずは経験するしかないかもしれません。

 

その経験の中で、初めて憧れの中に、憧れを否定する現実もあることを知ることができるのかもしれません。


そこからが本当のスタートとなるでしょう。

高額な給料保証を貰えば、お店は貴女に成績を早期に求めてきます。


早期に成績を求められれば焦ることに繋がります。


人は追い込まれたときにしか発揮できない力もあるでしょう。

 

しかし追い込まれればいつしか嫌気が差すかもしれません。

こういった追い込まれた感情は憧れからは程遠いものです。

銀座の会員制高級クラブは、完成された魅力を所有し、強い意思を持つ女性を好んでいます。

 

こういった女性は、お仕事を途中で投げ出さなかった女性です。

 

単に憧れだけで、意思がなければ足を踏み入れることは出来ても、歩み続けることはできないかもしれません。

やってみたい!という気持ちの根底にあるもの

銀座で働いてみたい!

 

と思った動機はさまざまなはずです。


興味だったり、お金だったり、友人が既に夜のお仕事をしていたり、どういった理由が、貴女の動機に繋がったのかはわりませんが、貴女がまだ若いうちに、この動機を持てれば、銀座の会員制高級クラブで活躍できる可能性は倍加します。

過去の質問4 ナイトワークって難しいですか?

いいえ。
簡単です。
ただし貴女の考え方の1つである「難しい」という概念・単語を消去できれば。です。

 

まず貴女に質問させていただきます。
「難しい」という言葉をどこで覚えましたか?

 

この言葉を使って、貴女は今までどれだけ、脳の思考活動を停止させてきましたか?


どんなときも「難しい」と判断するようなら、決してお奨めできません。


しかし、「難しい」の次の、1歩先にある「私ならできる!」があるのなら・・・

嫌な思いをしたときにどうするのか

ほとんどの方が、自分が望んでいない状況に遭遇した場合に、嫌な思いとして認識するようです。

 

逆に自分の望んでいる状況に、遭遇した場合に、快の思いを認識するようです。

車を運転する方ならどなたも経験することですが、自分が進んでいる道路の信号が、赤信号につかまらず、ずっと永遠に青信号が点灯することはありません。

 

仕事も人間関係も同様です。

 

まず嫌な思いをすることは、あるのだということを理解したうえで、あきらめて、それに従う柔軟性も持つべきです。

 

時の支配者や権力者とて、自分の思いを100%叶えることはできません。

 

貴女が望んでいない、嫌な思いをされた場合は、涙を流したくなる場合もあるでしょう。

 

しかし潔くその状況を受け入れ、なぜそうなったのかを俯瞰(ふかん)の目で確認するべきです。

過去の質問5 お姉さんやお客さんは怖くないですか?

そういう質問が出るのは、貴女の認識がどちら側に傾いているかどうかによるものです。

 

実際は怖く見えることはあっても怖いとは限りません。


安心感を得たいがために、その質問をしていても、どんなに私どもが「怖くないですよ」と言ったところで、本人が自分の認識を信じたければ、私どもの真実のアドバイスは、貴女の認識によってかき消されるでしょう。

 

もし貴女が現在月収20万円の生活をしているとしましょう。

 

そして銀座の会員制高級クラブで働いているお姉さん格の、女性が現在月収80万円の生活をしているとしましょう。

 

貴女もその女性も真剣に生活をされているはずです。

 

しかし真剣の度合いが少々異なるかもしれません。

 

80万円を稼いでいる女性はやや必死かもしれません。

 

貴女はその必死さに、迫力を感じ圧倒されるかもしれません。

 

その感覚を恐怖に近いものだと、認識を持つかもしれません。

 

話し方や言葉遣い、態度、話の内容にもそれは表れるかもしれません。

 

貴女が望まぬ、あからさまな対応と、直面したときにも、貴女は恐怖を感じるかもしれません。

とある経済界で有名なお客様が来店したとしましょう。


貴女はただならぬオーラーを感じるかもしれません。

 

その雰囲気に圧倒されるかもしれません。

 

そのお客様は至って普通な振る舞いです。

 

それでも貴女自身が圧倒されてしまえば、そのお客様がどんなに優しい方でも恐怖の存在として、感じてしまうかもしれません。

恐怖は貴女自身が、その意気(覇気)まで到達していないことの表れです。

 

経験と場数によって鍛えられた女性もいますし、生まれたときから既に備わっている女性もいます。


育った環境も影響するかもしれません。

いずれにせよ、なんにでも怖がる女性は高級店には向いていません。

そもそも貴女が誰よりも優れたいと思うかどうかが鍵

もし貴女が銀座の会員制高級クラブに入店し、高額のお給料を手にしたければ・・・。


たとえば貴女がライバルと思われる女性と真剣に競い合い、敗北すれば貴女にとってダメージは大きいはずです。

 

逆に貴女がライバルと思われる女性と、力を抜いて競い合えば、たとえ敗北したとしても貴女にとってはダメージは大きくないはずです。

 

なぜなら「私は本気を出していない」といった類の言葉で、言い訳をすることが可能になるからです。

 

しかしこういった言い訳を可能とする状況下では、貴女が発展できる可能性はとても低くなるはずです。

 

まずはやるからには真剣に競い勝負することで、勝利すれば勝利の理由を分析し、次の勝利を狙ってゆく。

 

敗北すれば、真剣に悔しがり、そこから生まれる力を、次の勝負の為のモチベーションにし、勝利の為に研究に活用する。

 

こういった気概を所有した女性は必ず成功しています。


高額保証を手にしたい女性にとって、銀座はのんびりと働くには適さない環境であるともいえます。

 

もし貴女が普通の給料で満足できるなら、高級店は適さないかもしれません。