銀座高級クラブの売上者の移籍の方法と手順を説明致します。

売上者の銀座の高級クラブへ移ることの説明

移籍・銀座高級クラブへ・またはお店を移りたい場合のご相談は全て銀座エージェントへお任せください!

銀座の高級クラブの移籍・お店を移る方法はさまざまです。どういった移籍が成功しどういった内容の移籍が失敗するのかをこれまでの経験から熟知しています。

現在のお店の実際の営業内容や、評判や口コミ等も参考にし、的確な移籍に関するアドバイスをおこなっています。

 

高級クラブで係(担当者)になることの有利性

そのお店(銀座高級クラブ)で係りになることの重要性をご説明致します。

貴女がメインとなり、お客様が来て下さる立場となることが係りというポジションとなります。


その為には、お客様とどう知り合って、貴女自身のお客様にしてゆくか、貴女自身のお客様(次のお店に移る際に来てくれそうなお客様も含む)が居ても、既に他の係りの女性が存在している場合は、貴女が係りになれることはありません。

 

たとえば貴女に新しいAさんというお客様ができたとします。
そのAさんは貴女が移るお店に来てくださると言っています。

早速、貴女は次に移る高級クラブを探し始めました。
ようやくお気に入りの高級クラブが見つかり、Aさんに伝えたところ、Aさんはそのお店のママと仲が良く、ボトルも入っているとのことでした・・・

 

貴女がもし、新しい高級クラブに移籍(うつりたくても)したくても、既に、ママや他のホステスさんが係りをしていれば、貴女が係りになれることはありません。
もし、仮にその高級クラブに移籍したとして、Aさんが貴女に連絡をくださり来店してくれたとしてても、Aさんのお会計は既にいる係りの売上となってしまうのです。

 

貴女がどんなにお客様を抱えていようとも、貴女が係りではなければそのお店(高級クラブ)では売上を作ることはできません。

移籍前はお客様の好みや動向に関するリサーチを欠かさないことが大切です

お客様の好みや動向に関するリサーチを欠かさず次のお店選びの判断材料とする必要があります

売上を作れることで貴女自身は高額な給料を手に入れることになります。

しかし実際は気をつけないとならないことが多くあります。

ほとんどの場合、お店を移る際には入念な準備が必要となり、例えば貴女は六本木の高級クラブからから銀座の高級クラブへ移籍を検討しているとしましょう。

 

お客様にはお店の好き嫌いがあるかもしれませんし、そのお店に嫌いな女性が働いていれば来店を拒まれるかもしれません。

 

なによりも貴女がメイン(大口のお客樣)としているお客様が既に係りがいる場合は貴女の売上にはなりません。

 

こうなるとお店選びは入念に検討しなければなりません。お店選びは貴女の利益に関わる大きな一大プロジェクトとも言えそうです。

慎重に、そしてスムーズに、銀座の高級クラブを選ぶ

スムーズなお店選びと難航するお店選びの2種類

銀座エージェントに相談に来られる女性の約50%は数ヶ月前から移籍を検討している女性でした。

 

慎重に、事前に時間をかけて移籍を検討していた女性はほぼスムーズに移籍を成功させていますが、唐突に移籍を余儀なくされた女性は焦っているために、失敗する例も見られます。

 

お客様を抱えているホステスさんが移籍する上で、主に失敗する例としては、移籍後に働いている過程で、

 

・お客様とのトラブル

・成績不振

・実はそのクラブに係りがいた

 

等です。

 

突発的な移籍はオススメはできません。

 

特にお客様の好みのリサーチと日頃の貴女への理解は、努力を欠かさないでおきましょう。

 

貴女が売上者としてもそうですが、ヘルプとしてのお仕事もこなせるのなら、お店の貢献度は高くなるでしょう。

こういった場合の移籍は比較的スムーズな移籍につながりますが、現在売上のみで評価、または採用となっている、というのであれば確実な売上を作れなければ、お給料見直し、もしくはスライド等によって、以前在籍していたお店よりも、お給料が少なくなってしまうこともあるでしょう。

 

また、移籍によって複数の支援してくださるお客様によって売上を見込めると思っている場合も、複数のお客様の理解や、お客様が別のお店で係りがいる、またはお店の好みがある等によって、お店選びは難航する傾向が高いといえるでしょう。

銀座高級クラブの新店の求人広告を見ただけでは絶対にわかりっこない比較重要事項

現在のお店の客単価 移籍先のお店の客単価
現在の客層と客質 移籍先の客層と客質
現在のヘルプのホステス 移籍先のヘルプのホステス
現在の貴女のお給料 移籍先の貴女のお給料
現在の担当スタッフ 移籍先の担当スタッフ
現在のお店の客入り 移籍先の客入り
現在貴女を応援してくれそうな顧客 移籍先でそれらの顧客の係りをできるのかどうか
現在のお店のシステム 移籍先のお店のシステム
現在のお店のスタッフ等との信頼関係の具合 移籍先のスタッフ等との信頼関係を築ける見込み

小計50万円以上の銀座高級クラブ移籍にはさらに入念な準備を必要とします

小計50万円以上の銀座高級クラブ移籍には入念な準備を必要とします

貴女がもし小計50万円以上の売上が見込めそうだと考えている場合はそれなりの準備を怠ってはなりません。顧客は貴女の信頼で来てくれる傾向が高いでしょう。

 

しかしもし貴女がお店選びを間違えお客様の居心地が悪ければ貴女との義理で来店されることがあっても楽しむために来なくなることもあるのです。

 

もし大切な商談に絡む接待が合った場合、お店側でしっかりと接待ができるホステスさんを準備できなかったり、接待に関するスキル不足のホステスさんばかりのお店、または接待に関してスタッフの熟練度が低い場合は貴女の大切なお客様の商談が不成功に終わる場合もあります。

 

そればかりか、そのお客様に二度と接待目的では来店してくださることないでしょう。

 

大切なお客様のビジネス上の成功をアシシトできなければ貴女自身が在籍しているお店に多額のお会計を支払うことに、繋がらなくなる傾向は決して低くはありません。

 

非常に不利益な立場となるのは貴女もそうですが、お客様もなのです。

銀座の有名高級クラブで売上をつくるための基本

銀座で売上を作るための基本

銀座ミニクラブ・銀座高級クラブで働くうえで貴女自身の仕事上での評価を上げ給料を高額にしてゆく方法としての第一は売上者となることです。

 

当然売上というのは貴女自身を支援支持してくれている貴女名義のお客様によるお会計の売上によるものです。

 

貴女名義というのは係りと呼ばれるものであり、もし貴女の知り合いのお客様が、貴女が勤めるお店(高級クラブ)に一番最初(そのお店に係りがいない状態)に来客してくだされば、その時点でお店側から貴女の係りという認定を受けることとなります。

 

今後そのお客様が来店すれば必ず貴女の売上として成績がカウントされることになります。

 

このカウントを銀座では一般的に小計(しょうけい)とよばれているものです。小計とはお客様が使う金額のことであり例えばお会計総額約25万円あたりに対して(お店にもよりますが)小計10万円という小計が付きます。

 

銀座の売上者はこの小計を追い求めることとなります。この小計10万円に対して貴女自身の日給に2000円が加算されることになるからです。


たとえば貴女の日給が35,000円であれば、翌月の日給に2,000円加算され、37,000円となります。

貴女がもし20日出勤であれば、2,000円×20日=40,000円となります。一ヶ月間に40,000円がアップする計算になります。

 

小計50万円の場合は貴女の日給に10000円が加算されることになります。

 

1ヶ月間20日の出勤だとすれば20万円がお給料に加算されることになります。この金額は決して小さくはありません。

貴女を銀座高級クラブ・一流店で繁栄させるお店の判断基準

貴女を銀座高級クラブで繁栄させるお店の判断基準

 

たとえば貴女がお客様が20人抱えているとしましょう。

当然貴女は移籍先でお客様を来店させることに躍起になるはずです。

 

たとえばお客様であるAさんと一緒にBさんが来店されました。

 

AさんはBさんに「このお店を贔屓にしてやってください」と伝えたとしましょう。

 

こういったことをきっかけにBさんは単独で来店するようになります。

 

Bさんは、Aさんの流れで来店してくださった方なので貴女が係りになります。

 

実はこういう流れをつくるにはお店側のサービス力も必要となります。

 

どんなに貴女が頑張っていても、お店のサービスがわるかったり、スタッフが教育不足だったり、ヘルプのホステスさんが接客に不慣れであれば、好循環は見込めなくなるでしょう。

銀座の高級クラブでは信頼関係を構築することが重要です

一般的な人間関係を特別な信頼関係にシフトしてゆく重要性

信頼関係とはいわゆる貴女のことを特別視させることと同様です。

 

全ての人間関係には優先順位が存在します。

 

もし貴女に50人の友達が居るとしましょう。

その中の10人がお腹を空かしていました。貴女はパンを1個持っています。

 

一口分しかなくちぎって分け与えることができません。

 

貴女は誰か1人を指名することになります。

 

10人の中から1人だけを選ばなくてはならない状況下で誰にパンを与えるのか・・・と。

 

これに似たようなことが世界中でおこっています。

 

実はこういった選択の連続は日常茶飯事です。

 

この状況は貴女の日常にもあてはまります。当然貴女が働いているお店にもあるのです。

 

それではもう1つ現実的なお話をしましょう。

 

貴女のお客様に、女性のタイプに神経質なお客様のAさんがいるとしましょう。

 

Aさんは神経質ではありますが、高額のお会計を簡単に支払うことが可能なほどの経済的エリートだとしましょう。

 

たまたまそのAさんのタイプの女性が、席の脇を通りAさんの目にとまりました。Aさんは「あの子と挨拶をさせてください」と貴女に小声でささやきました。

 

貴女はメンバー(女性をつけまわす担当者)にあの子に挨拶をしてもらうよう要求します。

 

しかし、既にAさんが気になった、その女性は他の席からも挨拶の要求があり、順番があるためすぐには席につくことはできない状況だったのです。

 

人気のあるヘルプのホステスさんはどの席でも必要とされる傾向にあります。既に順番待ちだったり優先順位が決まっていることもあります。

 

この優先順位は複雑であり、多くの場合は先着順でありながら、信頼関係の度合いによって、多少の優先順位が変わることもあるのです。

 

優先順位をあげてゆく方法は、日頃の信頼関係の構築への努力と、お店への貢献度も複雑に絡んでくる要素でもあります。

日頃からの信頼関係の構築によって、得られる恩恵は小さくないかもしれません。